『小説道場』(森村誠一著、小学館)より抜粋
……
30代後半から40代にかけては一日10数時間、月産で700枚(一枚400文字)くらい書いたものであるが、今日ではそんなに量産する作家はいないようである。当時は松本清張が月産2300枚、食事に1分20秒、排泄に10数秒しかかけていないとコンピュータで計算されたという。
笹沢佐保は月産1000枚、座って書くと眠ってしまうので立って書いたとか。梶山李之は連載14本〜15本、全誌制覇したとかいう伝説やエピソードが生まれたほどに各作家、執筆量を競い合っていた。私自身の経験から、500枚ぐらいまでは多少余裕があるが、これを超えると、ほとんど社会生活はできなくなる。
……

森村氏が月産で700枚(28万文字)、笹沢氏が月間1,000枚(40万文字)、松本清張氏が2,300枚(92万文字)ということか。

ちなみに、

・『老人と海』のような短編だと37文字×15行=555文字 ×147ページ (8.2万文字)
・『西郷札』のような短編だと38文字×16行=608文字 ×62ページ (3.8万文字)
・『二銭銅貨』(江戸川乱歩デビュー作) (2.2万文字)
・『門』のような中編だと37文字×15行 555文字×288ページ (16万文字)
・『世に棲む日日』のような長編だと43文字×18行 774文字×1133ページ (87.7万文字)
・『ノルウェイの森』のような長編だと40文字×16行 640文字×592ページ (37.9万文字)

となっている。

私の目標は、毎月一週間で一冊の短編小説を書くことを目標にしているが、月間4万文字なんて少なすぎるということか。その10倍、20倍書かなきゃならん作家になろう。

<後日談>
この記事をFacebookにも投稿したところ、こちらのようなコメントが付きました。かなり参考になります。→ Facebook記事

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket