asia2

内容紹介

リアルビジネスを小説で…
痛快!ビジネス小説この作品は実話をもとにしていますが、登場する人物名、組織名は
すべて架空のものです。★小説 企業家列伝 三.「アジアの小太陽」(下巻)《内容》

東栄百貨店のバイヤーとして活躍していた松浪 悟(まつなみ さとる)
は、自ら志願して香港駐在員になった。その当時(1980年代前半)の
香港は混沌の熱気の最中にあり、松浪の性分にピッタリあった。
任期三年で日本に戻るのは嫌だと、松浪は次々に新事業を立ち上げる。
その一環として香港初のコンビニエンスストアを開業し、チェーン展
開に乗りだした松浪は、現場で様々なトラブルに巻きこまれていく。

80年代、90年代と香港は世界屈指の経済発展をとげ、地価や株式が高
騰する。投資家としても才覚を発揮した松浪は、日本のバブル崩壊を
尻目にビリオネアー(10億円以上の資産家)の仲間入りを果たす。
その後、東栄百貨店の香港撤退、香港の中国返還問題など、大きな転
機にさらされる。
日本とアジアをまたにかけ、会社と華僑をも手玉にとった一人の男の
痛快物語。

■「アジアの小太陽 下巻」【目次】

《上巻のあらすじ》

《第四章 香港生活》
一.希望と失望
二.家族会議
三.ビリオンクラブ
四.行幸
《第五章 香港返還》
一.消えゆく日本サイン
二.スモールサン有限公司
三.億万長者
四.儲け話
五.二千人の製造業の社長に
六.バフェット理論の実践
《第六章 人材育成》
一.武田信輔
二.スモールサン日本語学院
三.OJM設立
四.作者あとがき・・・「次の冒険へ」

※この小説は上下巻の二冊で完結します。上巻を先にお読みになるこ
とをおすすめします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小説 企業家列伝 二.「アジアの小太陽 下巻」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成26年4月15日 第一版発行
平成26年4月18日 第二版発行
著者 武澤 信行
発行所 がんばれ社長出版
郵便番号 460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目
15-20 丸の内三幸ビル三階
有限会社がんばれ社長 内
連絡先 info@e-comon.co.jp
ホームページ http://www.syousetsu.com

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る
Pocket